L700S ミラジーノ 中古車 販売 買取 パーツ 車検 点検 整備 修理 鈑金 ペイント カスタム メンテナンス

さくら日記

大阪のミラジーノ専門店「さくらオート」のスタッフブログです。

ハザード移設キットの取付方法です。

【使用する工具】

・プラスドライバー

・スッタビプラスドライバー(短いドライバー)

・カッター

■バックライトを照らしたい場合 ・M6(10mm)のボルトを回せるソケットレンチなど ・ワイヤーストリッパーなどの配線加工用工具

 

ツメを押さえながら、ハザードスイッチを引き抜きます。

 

タッピングネジ×2を外してから、メーターパネルを外します。

※メーターパネルは外さなくても作業可能ですが 外した方が、作業しやすいです。

 

タッピングネジ×5を外し コラムカバーを上下に分割して外します。

 

ディマースイッチ(ワイパー・ウインカーレバー)裏側の カプラー×2を抜いて、キットの配線カプラーを割り込ませます。

イメージは 車体配線カプラー → ハザードキット → ディマースイッチ という感じ。

 

ハザードスイッチ取付穴を開けます。 純正オプション取付用の場所を使用しますので カッターで簡単に切り取れます。   勢いあまって、手や必要ないところ切らないように ご注意くださいm(_ _)m

 

キット付属のハザードスイッチ用カプラーを 裏側から引っ張り出し、ハザードスイッチを差し込みます。

ここまで出来たら、ハザード点等確認をしてください。 問題がなければ、外したパネルなどを元に戻して…

 

純正のハザードスイッチが付いていた穴に 付属のメクラカバーをはめ込めば

 

完成!   ※右の黄マル内の3ヶ所にも、同じように取付可能ですが 一番右は、配線が届かない可能性があります。 事前にご確認くださいm(_ _)m

 

リヤワイパー無しのジーノでしたら このポジションが使いやすいと思います。

■バックライトを照らしたい場合   ※必ず検電などで、配線に間違いないか点検してください。 割り込ます配線を間違えた場合、車両にトラブルが発生する 可能性がございます。

 

まず、運転席足元・キックパネル内の 黄マルのボルトに黒線(アース)を繋ぎます。

 

運転席足元・キックパネル内の線束 赤/青の配線にハザードキットの赤を割り込ませます。   スモール点等で、ハザードスイッチのバックライトが 点灯することを確認してください。

 


カテゴリー: パーツ/アクセサリー | 1件のコメント »

コメント / トラックバック1件

  1. 京都府のS より:

    お世話様です。
    先日はハザード移設キットを送っていただきありがとうございました。
    早速本日取り付けさせていただいた、内容を報告させて頂きます。
    貴社を訪問させて頂いたときにもお話しましたが、私の車の初期型ネイキッド(L750S)にも、無事取り付けれました。
    ・予想より簡単だった点➡スイッチ新設位置の穴をカッター であけなくてもめくら蓋を外すだけ。
    ・予想より難しかった点➡バックライト用配線が赤/青の説 明に対しネイキッドは赤に青ストライプの銀縞輪
    ・予想出来なかった点➡旧スイッチ位置のめくら蓋の形状 
     まったく合わず(カバーの足をカットし両面テープで貼り 付けました)
    いずれにせよネイキッドにもすんなり取り付ける事が出来、ハザード操作は以前に比べると雲泥の差です。
    本当にいいものを提供してもらってありがとうございました。
    ありがとうございました。感謝しております。

コメントをどうぞ

検索

カレンダー

2021年12月
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ミラジーノ専門店 さくらオートの先頭へ戻る