L700S ミラジーノ 中古車 販売 買取 パーツ 車検 点検 整備 修理 鈑金 ペイント カスタム メンテナンス

さくら日記

大阪のミラジーノ専門店「さくらオート」のスタッフブログです。

【ミラジーノ】 L700系

フロントスピーカー&バッフルキット

(ロックフォード・13cm2ウェイコアキシャルスピーカー×2)

専用変換ハーネス×2

取付け用ビス×6

※L700系ミラ、ミラジーノ、ジーノ1000に取付可能です。

※一部ドア内張りのカットが必要です。

 

ジーノは、左右フロントドアの2スピーカー仕様。

純正スピーカーの音質では少々物足りなさを感じませんか?

 

社外品スピーカーに取替えれば、音質アップ間違いなし!

 

 

ここまでは、当たり前の話、誰もが分かっていることですよね。

 

 

 

さくらオートは、ロックフォードの13cmコアキシャルスピーカーと

インナーバッフルをセットにした

スピーカーキットを開発いたしました!

 

今までは、厚みのないスピーカーをドアパネルに

直接ビス止めしていたのですが

 

インナーバッフルを介することで、厚みのあるロックフォードの

スピーカーをインストール可能になりました。

 

 

■インナーバッフルの重要性■

 

しっかり音を出すためには、スピーカーユニットが

取付けられているパネルは、動かない方が良いのですが

ドアネルは薄い鉄板製ですので、叩けばガンッゴンッと

たわんでしまいます。とても、頑丈とは言えません。

『 パンッ 』という様な、キレのあるの音でも

ボンッと、残響感のある音になりやすく

音量をいくら上げてもはっきり聞き取れない

シャキッとしない音になってしまう事があります。

これは、出て欲しく無いノイズの方が、多く出てしまって

いる事が原因です。

 

スピーカーを直接ドアパネルに取付けるよりも

インナーバッフルのような内部損失の高い物を介して

取付ける事で、ノイズの発生を抑えることが出来るのです。

 

 

 

と、偉い人が言ってました。。。

 

 

 

お気に入りのオアシスで、いつものようにテストしてみると

出だしのプロペラ機の音から、全然違うっ!!

ロックフォードの低音のメリハリっぷりにビックリしますよ!

※ヘッドユニットとセットで取替えた方がより効果的です。

 

 

取付方法はこちらをクリック↓↓↓

フロントスピーカー&バッフルキットの取付方法

 

 

THE・ロックフォード。

 

純正スピーカーとは明らかに違う、分厚いマグネット。

 

同軸配置された ツィーターで中低音から高音まで

程よくカバーします。

 



カテゴリー: パーツ/アクセサリー, 未分類 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

ミラジーノ専門店 さくらオートの先頭へ戻る